言語聴覚士法の一部改正に伴う言語聴覚士 国家試験出題基準の変更と読み替えについて

 「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」(平成 26 年法律第 51 号)が平成 27 年 4 月 1 日に施行され、言語聴覚士法第三三条第一号から第三号まで及び第五号に規定中の「厚生労働大臣が」が 「都道府県知事が」と改正されました。
これに伴い、言語聴覚士国家試験出題基準(以下「出題基準」)の付録4~5頁にある言語聴覚士法第三三条第一号から第三号まで及び第五号に規定中の「厚生労働大臣が」につきましても「都道府県知事が」と変更しますので、既にご使用されている出題基準につきましては、「言語聴覚士法(抄)新旧対照表」をご参照のうえ、読み替えて使用することをお願いいたします。
 また、本件に関するお問合せ等ございましたら、下記までお願いいたします。
(参考)
・言語聴覚士法(平成9年法律第132号)(抄)新旧対照表
公益財団法人 医療研修推進財団 試験登録部
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-22-14ミツヤ虎ノ門ビル4階
TEL:03-3501-6515