理事長ごあいさつ



 当財団は、医療に関する各分野を横断的かつ統合的に捉え、国民が願う良質の医療を提供するため、医療従事者を対象とした研修システムの開発とその実施、関係団体が実施する研修の支援および関係情報の収集、提供を行うことを目的として、平成7年10月に厚生大臣の許可を受けて設立されました。

 これまでに、厚生労働省の指導の下に、賛助会員の皆様をはじめ関係各位のご支援を受けながら、医師および医療従事者に対する各種の研修・講習会、医療研修情報提供システムによる医療研修情報の収集や提供などの事業、さらに医師臨床研修マッチング事業や診療放射線技師、理学療法士、作業療法士など医療関係職種を対象とした実習施設指導者講習会などを行い、卒後研修の充実に役立てるように努力してきました。

 このほか臨床研修者が研修病院の選択にあたって必要とされる情報を具体的に掲載した臨床研修ガイドブックを臨床研修協議会の監修の下に、インターネットを通じて提供し、高い評価を得ております。平成16年4月からの新医師臨床研修制度の実施に伴い、研修病院のプログラムとの組み合わせを行うためのマッチングシステムを構築し、医師臨床研修マッチング協議会の事務局をつとめさせていただいております。

 当財団では、平成10年9月30日に言語聴覚士法に基づき指定登録機関および指定試験機関として厚生大臣の指定を受けました。国家資格の重大な意味を考え、厳格かつ公正にその事務を執り行っているところであります。

 当財団といたしましては、国民の願う良質な医療を提供していくために、今後も社会的な要請に対応した各種の医療研修を実施・推進し、また、国家資格事務などの事業を実施することにより、医療従事者の資格の向上、医療の質の向上に寄与すべく、一層の努力を続けていく所存であります。
   
             公益財団法人医療研修推進財団
                  理事長 竹内  勤